Kanazawa Izumigaoka High School PTA 石川県立金沢泉丘高等学校
HOME
活動報告
組織と役割
年間行事
活動Q&A

ご意見・ご質問
HOME
活動報告
組織と役割
年間行事
活動Q&A
ネットで参観日  年度
43/60
第104回全国高等学校野球選手権石川大会 2回戦 日時:2022年7月12日(火) 場所:石川県立野球場
投稿日 2022.07.15
2回戦 飯田高校

前夜の雨でグラウンド状況が心配されましたが、何とか天気も回復、関係者の方々のご尽力もあり、予定通り試合が行われました。

三回、山内くんの適時打で先制するも、そのウラ、飯田打線に逆転を許してしまいます。
その後も鍛え上げてきた打撃を発揮し、主将荒俣くんのタイムリー3ベースや2年生四番相上くんの2ランホームランなどで得点を重ねますが、相手も負けじと得点、あと1点が届かず追いかける展開が続きます。

2点差で迎えた九回、相上くんの二打席連続本塁打、さらに平野くんも左翼席へ本塁打を叩き込み、土壇場で同点に追いつき今大会初の延長戦へ。

その後両チーム、必死の守りで得点を許さず、いよいよ延長十三回、無死走者1,2塁で始まるタイブレークに突入。
3時間半を越える激闘は、飯田高校のサヨナラ適時打で幕を閉じました。

残念ながら勝利には結びつきませんでしたが、「一泉魂」を十分に発揮し、最後まで諦めない驚異の粘りは見事でした。

コロナ禍の様々な制約が多かった3年生にとっては最後の大会、学校に戻ってのラストミーティングでは、これまで指導いただいた先生や仲間、後輩への感謝やこれからの抱負を一人ひとり熱く語ってくれました。
今後は「一泉魂」,「向笑心」を胸に、自分の目標に向かって邁進して下さい。
そして、一緒に頑張ってきた2年生、1年生の皆さんは、甲子園出場を目指して頑張って下さい。
たくさんの感動をありがとうございました。

円陣で気合も最高潮!

投打に大活躍の主将荒俣くん

二打席連続本塁打を放つ相上くん

平野くんの本塁打! 土壇場で同点!!

激闘!延長13回タイブレークの末、惜敗

最高の仲間たち 感動をありがとう!

イベント記事一覧
© 2015 Izumigaoka Highschool PTA All rights reserved.