Kanazawa Izumigaoka High School PTA 石川県立金沢泉丘高等学校
HOME
活動報告
組織と役割
年間行事
活動Q&A

ご意見・ご質問
HOME
活動報告
組織と役割
年間行事
活動Q&A
年度 活動報告 2/25
2018.03.04 第70回 卒業証書授与式 日時:平成30年3月2日(金)10:00〜 場所:金沢泉丘高等学校 啓泉講堂
第70回 卒業証書授与式が3月2日に厳粛に行われました。
PTA車多会長は、卒業生394名に祝辞を述べられました。以下全文です。

やわらかな光が鈍色の空と残雪を照らし、春の訪れが感じられます。本日ここに晴れの門出を迎えられた卒業生の皆さん、ご卒業誠におめでとうございます。また、三年間、温かく時に厳しくご指導頂きました教職員の皆様に心より感謝申し上げます。

PTAを代表して、一言ご挨拶を申し上げます。
北陸新幹線が開通し、街の景色が変わる変革の3年間、皆さんは本校で勉学に部活動に励まれました。ここ金沢でも海外からの観光客や定住人口が急増し、全国的に一層グローバル化する社会の一端が感じられます。将来、皆さんは間違いなく「世界」を舞台に活躍することになります。海外で生活する人も多いかもしれません。世界に羽ばたく皆さんに不可欠なものは二つあります。知識力、コミュニケーション力、良識、忍耐力などに裏付けられた高い「人間力」と、確固とした自己の「アイデンティティ」です。

「人間力」について、皆さんは優秀ですが、人として成長の途中です。
少にして学べば、則ち荘にして為すこと有り― 今、一生懸命学んでいるのは、将来、自らの教養を持って真実を見極め、自らが考えて見定めた道を、自らの足で確実に歩むためです。そして、優秀な人材にはより社会に貢献する責務があります。将来、事を成す人になるために、何をしなければいけないか、自分自身に問いかけてください。そして、何よりも自己を愛し、人を慈しみ、心を育ててください。きっと将来、大きな人間力を備えた皆さんは社会に有為な人材になると確信しています。

アイデンティティについては、人は成長する上で、その人をその人たらしめる「根っこ」が必要になります。大きないくつもの太い根っこが、成長するための養分を取り込むのです。皆さんは本日、120年以上続く伝統ある本校で友と学び卒業したいう大きな大切なアイデンティティを手に入れました。皆さん一人一人が歴史ある泉丘代表です。これから実体験で学ぶ中で確固たる自己を築き上げ、グローバルな舞台での活躍を期待します。

また、保護者の皆様、お子様のご卒業おめでとうございます。大切に育み、親として共に成長した子どもたちが本日、大人への大きな一歩を踏み出しました。卒業を機に親元を離れる子も多く、寂しさが募るのではないでしょうか。人生の重要な経験、悲しみを乗り越え、怒りを鎮め、悔しさを明日への活力にし、愛し人に愛されることを、子どもたちはこれから学びます。精神的、経済的に独り立ちするまで後数年、親として支えていきましょう。

結びに、米国の哲学者ラルフ・ワルド・エマーソンの言葉を卒業生の皆さんに送りたいと思います。
Our greatest glory is not in never failing, but in rising up every time we fail.
偉大な栄光とは失敗しないことではない。失敗するたびに立ち上がることにある。

これから歩む険しくも輝かしい道に幸多からん事をご祈念申し上げ、私の祝辞とさせて頂きます。 本日はおめでとうございます。

平成30年3月2日
石川県立金沢泉丘高等学校
PTA会長 車多一成






活動報告一覧
© 2015 Izumigaoka Highschool PTA All rights reserved.